ある鍵盤弾きの酒と泪と煙草と音楽と単車と野球と猫と観賞魚と大盛りと釣と犬

失態の日々
お年賀
a0051410_15284938.jpg

[PR]
# by yokotamasato | 2006-01-06 15:29
年の瀬に . . .
さて、今日で2005も終わりとなりますが、皆様にとってどんな年だったでしょうか。
僕にとっては良い事もあり、悪い事もあり . . .んなん当たり前ですわな!
てなわけで、この大晦日になって今年のもろもろを書き綴りたいと思います。

「スティールギターコンベンション感想文」
本来、執筆するはずであった宮城智子が拒否したため、11月にあったスティールギターコンベンションの感想文(?)コラム(?)を私が書く事になったのでその内容を載せます。以下 . . . F-Kin長文!

「嬉しいことに私は今年もスティールギターコンベンションにジョ−・ライト、サラ・ジョリ−、ドゥウェイトスコットのバックバンドとして、また、Far East Texasのメンバーとして参加することができた。再び彼らの高い音楽魂に触れることができ、大変充実した3日間であった。

 ジョ−は彼自身のオリジナル曲を中心としたセットリストで、いかにもカントリーらしい曲調からサンバ風(彼はそれを'Jazzstuff'と呼んでいた)、そしてお得意のディスト−ションサウンドを用いたロックなサウンド、と曲調が多岐に渡っており 彼の幅広い音学の嗜好とテクニック、エモーショナルな部分が存分に詰め込まれていた。とにかく驚くのは彼の引き出しの多さ! これでもか、と繰り出されるフレーズは無限大と思わせるほど! もちろん、ファニーなパフォーマンスも忘れてはならない。おきまりの小道具を用いるあたりや、観客のイジリ方に大人の社交術をわきまえたIQの高い悪ガキさを感じてしまった(注:あくまでイイ意味で)。パソコン好きといわれる彼はセットの合間の休憩時間に「I likeMac !  Not PC !!!」と幾度も発していたがそこにも'自由さ'の中に'こだわり'があり、伝統を重んじながら殻を破ろうとする姿勢を感じた。

 サラはスティールに加えて歌とエレキギターを披露してくれてライブパフォーマンスも素晴らしかった。E-bowを使用したりと昨年我々に驚きと感動を与えてくれたその表現力を今年も聴かせ、魅せてくれた。ロックコンサートさながらの迫力と大音量、選曲、フレーズ、そのいずれにも観客は驚いたことだろう。バックで演奏していて「こんなのスティールじゃない!」なんて帰る人がいたらどうしよう、、、などと余計な心配をしながら私はちらちらと客席を見たが、誰も途中で席を立たなかったようで安心した。それに便乗したわけではないが、私も自由に演奏してしまった。余談だが、英語が堪能である宮城智子(Far East Texasのヴォ−カル)はサラと接しているうちに打ち解け、様々な裏話しをしてくれたそうだが、音楽ができる喜びと共に女性ミュージシャンならではの悩みを聞かせてくれたらしい。

 スコティー、、、
私のような青二才がバックで演奏するべきではなかった。一緒に演奏させていただいていて彼の音楽を壊してしまっているような気がした。 バックに余計な音などいらない。目を閉じてただ彼の音に耳を傾けることが一番の楽しみ方だろう。伝統と歴史を作ってきた彼の人生の重みがありながら、演奏中に時折見せる笑顔は本当に音楽を楽しんでいるんだなあ、と感じさせてくれた。それにしてもスコティーはちょっと気難しいように見えるが、とても無邪気でカワイイおじいちゃんだった(失礼)。バックステージではジョ−、サラに負けず冗談をとばし、中野ではセッションでの曲のエンディングでジャンプして曲をしめた! 私は思わず微笑ましくなり、自分も将来はあんなファンキーな年の重ね方をしたい、とつくづく感じた。

 このジャパンスティールギターコンベンション開催に際し、言うまでもないがFUZZY
GUITARの藤井三雄氏の尽力を忘れてはならない。
伝統的なカントリーを愛しながらも柔軟に新しい音を受け容れているからこそ9回もの長きに渡る開催が実現しているし、そういった活動が評価され「AchievmentAward」を受賞されている(おめでとうございます!)。で、そんな御大に無理と無礼を承知でお願いしたいのだが、ZZ Topのような衣装を着て、ディストーションをつないでプレイなさっている姿を見てみたい...カントリーとスティールの裾野を広げるには相当な効果があるに違いない . . . 若者はきっと熱狂する! 」
. . . 以上。

「骨折り損」12/14(水)
某ビル内の下り階段を降りていて、その踊り場に着地したとき、突然左側にある部屋の扉が開いた。
あまりに突然だったため避けきれず、私は「胸」を強打した。かなり痛かったが周囲の目への若干の気恥ずかしさと、扉を開けたオッさんが丁寧に謝るため、痛みをこらえ「平気ですよ〜」とその場を立ち去った。
が!!! 2〜3日後に痛みは激しくなり、とうとう我慢できず病院に行った。
結果、「ろっ骨骨折!!!」
痛えわけだ! 寝ていても楽器を運んでいてもとにかく痛い(泣)!
俺は痛いまま年を越すんだ . . . この痛みを引きずって年を越すんだ〜!
おい!オッさん、いや、ジジ〜! その扉の内側には「ゆっくり開けて!扉の向こうにゃ人がいる。」て書いてあったじゃね〜か!
いいから、金くれ! とにかく金で全てが解決する! 俺はそういう精神構造だ!
安心しろ!


あ〜、書ききれね〜、、、やっぱマメに書かないとダメですな。
来年こそはマメに書こう。でもこういうことをいうヤツに限って来年も同じだ、、、
ま、横田はそういうヤツです! そう、開き直りが大事大事!
では、みなさま、来年もよろしくお願いいたします!
では今年の〆歌。
「我がマンション 姉歯の作かと疑いて 微細なラップに 金縛られけり」
[PR]
# by yokotamasato | 2005-12-31 02:31
【愛】
a0051410_231323.jpg

a0051410_2313275.jpg

a0051410_2313415.jpg

a0051410_2313532.jpg

行ってきました. . .
ライブに!
[PR]
# by yokotamasato | 2005-12-25 23:01
a0051410_0211075.jpg

ライブでした!
「涙をふいて」から25年振りの新曲だったんですね(驚!!!)
いつものレパートリーに加えて
「東京を歩こう」「明日は晴れるや」
をお披露目しやしたo(^-^)o

いつものごとく、自分のプレイ的には問題はありありでしたが
楽しかった~! てことでお許しを...(-.-;)
[PR]
# by yokotamasato | 2005-12-16 00:21
a0051410_23531165.jpg

野球連盟の納会に行ってきました!
日本中の社会人野球のチームが目指す【黒獅子旗】です!
今年は「三菱ふそう」さんでした!
来年は我が「マルユウ」が~!(*^_^*)
[PR]
# by yokotamasato | 2005-12-03 23:53
まだまだ引っ張ります . . .
そういうわけで、無事に歌謡コンサート済みました。
なんちゅ〜か、緊張感など、本当によい経験ができました!
それにしてもサスガNHK、前日のリハから全てがスムーズでしたね(^_^)
モニターについても今までに経験したことない良さというか、
注文無しでほぼ完璧な状態で音を返してくれました!
機材もこちらの要望通り(以上?!)にセットしてくれましたし!!!
喉の調子の悪いのにも関わらず突撃取材(??笑)をしてくれた
Gemini智子にも感謝申し上げます!
てか、彼女はいきなり楽屋で某プロダクションの人にスカウトされてましたが
なんで? はは!!!(笑)

そうそう、入り時間よりかなり早く到着したのでNHK見学コース(大人\200)
を見てまわりました
僕が小学生のときの遠足や両親と一緒に行った時とかなり変わってましたね
(当たり前か!)
両親と一緒に行ったときは「昼の散歩道」とかいう公開放送をやっていたのですが、
ゲストが「ジョーン・シェパード」さん、司会が「生方アナウンサー」でした
そして、先日訪れた時にNHKホールでお見かけしたのが「千昌夫」さん . . .
お〜う、なんという偶然でしょう . . .

そして25日は横田基地でFETライブでした
横田が横田でライブ . . .ププっ(失笑)
[PR]
# by yokotamasato | 2005-11-28 22:03
a0051410_1971275.jpg

ベース:西村直樹(みち●くプロレス..んなわけねぇ(笑))
[PR]
# by yokotamasato | 2005-11-22 19:07
a0051410_1711248.jpg

ホストの平井'Jet'武士です(^o^)
@楽屋
[PR]
# by yokotamasato | 2005-11-22 17:01
a0051410_16344236.jpg

サウンドチェック&リハ②
@NHKホール
[PR]
# by yokotamasato | 2005-11-22 16:34
a0051410_16331083.jpg

サウンドチェック&リハ
@NHKホール
[PR]
# by yokotamasato | 2005-11-22 16:33
a0051410_1526635.jpg

a0051410_152663.jpg

NHK CR-509スタジオ
真ん中はベースの西村さんo(^-^)o
[PR]
# by yokotamasato | 2005-11-21 15:26
生中継
a0051410_1354013.jpg

明日の本番に向けてリハ中(休憩中?)のJet君と西村さん..@NHK CR-509スタジオ
[PR]
# by yokotamasato | 2005-11-21 13:54
Nice ride!
a0051410_13344379.jpg

今日も天気イイなぁo(^-^)o
コイツでお出掛けするか!
[PR]
# by yokotamasato | 2005-11-19 12:24
Sunny day

天気イイなぁo(^-^)o
コイツでちょいとお出掛けしてみっかな!
a0051410_15501790.jpg

[PR]
# by yokotamasato | 2005-11-18 13:26
Steel Guitar Conventionレポ
11/5〜7までSteel Guitar Conventionでした
嬉しいことに昨年に引き続き今年も参加できました!
/4の17:00からFuzzy StudioにてJoh Wright、Sarah Jorryとリハをし、
翌5日は中野ゼロホール、6日は新大久保 R'sコート、7日は六本木Hookipaにてライブをしました。
どの会場も盛況だったっす(^_^)

私見ですが日本のみならず、世界的にSteel Guitarの持つイメージはある一定のものがあると思んですな。
なんちゅ〜か、カウボーイハットとブーツを連想させるというか . . .
でも、ギターとカテゴライズされるからには他のギターと共通点があるわけで、
その共通点を感じさせ、未来性を感じさせてくれたのが彼らだな、と思いやした。
ディスト−ションやE-Bow、ディレイをかけるのが当たり前で、
SteelにMIDIが付く日も近いですよ! てか、既にもう存在してるかも?!
要はインターフェイスなわけだすよ! 表現の手段である'道具'が違うだけで、
インターフェイスの違いはあれど、表現者の内面を現すことに相違はないな . . と。

でね、興味深いことに音楽界って、スゲ〜伝統や格式を求めるのに、逆に
古い人(失礼! 先輩方々の意です)ほど新しい物に興味を持ったり、素直に褒めたり . . .

あ、チョット評論家ぶってしまいましたf^_^;
続きはまた次回に!
[PR]
# by yokotamasato | 2005-11-14 01:38
11月&12月 =LIVEスケジュール=
a0051410_2384350.jpg
11月19日(土)
Far Eeast Texas
 @厚木基地内Club Trilogyにて
  時間-20時〜

11月22日(火)
三貴哲成(三好鉄生) NHK「歌謡コンサート」*生放送
 @NHKホール
  時間-20時〜

11月25日(金)
Far Eeast Texas
@横田基地内 Clubにて
  時間-20時〜

12月1日(木)
1)日本野球連盟総会
 @箱根
  時間-18時〜
2)マカオセッションLIVE
 @Thunder Snake 厚木
  時間‐21時〜

12月2日(金)
GAMINI LIVE
@BOOGIE'S BAR http://www.dickboogie.com
時間‐21時〜2ステージ

12月13日(火)
杉本 誠 with Gemini (プライベートParty)
@平塚ラスカホール

12月24日(土)
三貴哲成(三好鉄生)Live
@新宿ホストクラブ「愛」
ゲスト本郷直樹
[PR]
# by yokotamasato | 2005-11-11 23:45
徐々にライブレポ . . . 三貴哲成 11/1@大塚Welcomeback
生来の無精者ぶりが発揮されてきました . . .
なわけでライブレポっす!

哲成さん(旧:三好鉄生さん)にお世話になり始めて約1年半てとこでしょうか。
エネルギッシュでパワフルな哲成さんに負けまいとリハ、本番共に
いつも汗だく、全エネルギー大放出状態で臨んでおります。

バックのメンバーは
G:平井'Jet'武士
B:西村直樹
Dms:前田信博
Key:横田雅人

ギターは約7年間に渡って哲成さんをお手伝いしているお馴染みの'Jet'クンこと
平井武士氏。 http://jetism.net/ ←詳細はこちらで!
いわゆる小室一派や現在特に'TRIX'で活躍中の若手ギタリストです。

ベースの西村さんは'上々颱風'のリーダーで、帽子をとった時に'あ!'と驚く個性的なヘアースタイルに
つい目が奪われがちですが、それ以上にテクニックと音楽性に心を奪われてしまいやす!
ソロのプレイもすごいんですが、歌中のグルーブが心地よいこと心地よいこと!!!

ドラムの前田さんの経歴にいたっては書ききれません . . . f^_^;
30年以上も第一線で活躍されていて、ある意味、'昭和〜平成の音楽辞典'です。
関わったアーティストのビッグネームさに思わず腰が引けてしまいやした . . .(^_^)

会場でサウンドチェック&リハをした後、全員で食事に行きいざ本番。
最初から最後まで汗だくで . . .
見ていたお客さんはきっと暑苦しかったことでしょう . . .(笑)
お馴染みの「涙をふいて」はやはり盛り上がりましたね!
♪ビ〜ル〜を〜ま〜わせ〜、の「すごい男の歌、ドンドン」を目の前で聞いて
この曲が哲成さんの持ち歌だと初めて知ったお客さんは思わず「へ〜!」でした

笑いあり涙あり、の哲成さんのライブは歌もMCも演奏もメチャ楽しめますよ!
次回のライブは12/24! 新宿は「愛」というホストクラブです!
詳細はまた改めまして!

次のレポは「Japan Steel Guitar Convention」について、です!             
[PR]
# by yokotamasato | 2005-11-10 00:49
こんなん..
a0051410_23232693.jpg

投稿できるのか?!
[PR]
# by yokotamasato | 2005-10-30 23:23
その壱、'バイク'
今日は'バイク'について少々。

現在、'足に' HONDA-FTR223に乗っております。
'足に'と言いながら買ったのにメインとなっている可愛いFTRです。
ハ−レ−と相思相愛の私は足とはいえ、せめて883に乗るべきですが、日本の気候や経済性を考えた結果、FTRになってしまったのです。
同じモタ−ドの'TR'や'ビッグスクーター'も考えましたが、なぜかFTRが頭の片隅にあったんですねえ . . .
結果、買って大正解!!! 
軽快、そこそこ速い、攻められる、音もイイ!
マフラーは定番中の定番、スーパートラップなんですが、やっぱイイですね(^_^)
適度なスカチューンとビッグキャブはスタートと伸びを楽しませてくれます!
適度に車高があるので縁石をさほど気にせずに'スリ抜け'もできますし!
聞くところによるとエンジンも頑丈らしく、そうそう壊れないとか. . .

話しは飛びますが、鍵盤弾きにとって世のライブハウス事情はまだまだ厳しく、
ほとんどのライブハウスにピアノはおろか、61keyのシンセでさえ備えられていないのが現状です。
そのため、ほとんどのライブ会場には自分で自分所有の楽器を持ち込まなければなりません。
私はピアノとオルガンをメインに演奏するのですが、基本中の基本と言えるこれらの楽器が置かれていないのが当たり前でなので、自動車を使って自分の愛器たちを持ち込みます。
ギターアンプ、ベースアンプ、ドラム . . .などは、ほぼ常設されているのでギターやエフェクターなどを
必要に応じて背中に背負ったり、ガラガラ(通称:カート)に乗せて運べばイイので、
それらの楽器担当者は電車などの公共交通機関を利用することでかなりの経済性を見込むことができます。
に対して鍵盤奏者達は'自給自足'的なことを余儀無くされるので経済的不公平さ、と常に付き合う必要があります。

そのような不公平さを無くすべく、ライブハウスの営業資格として
「生・Digitalピアノ」「シンセかバーチャルオルガン」「キーボード演奏用の椅子」「Mackieのミキサー」らを備えていることを最低条件としたらどうか?
もちろん、'2段スタンド'の存在は必須だ!

なにが言いたいのか、って?
全国のライブハウスにバイクで、身体一つで行きたいんだよ!
バイクで現場に行きたいんだよ!
設備としてのキーボードが充実してたら、もっともっと出演希望者が増えるぞ、きっと! 

とにかく、ラクがしたいだけなんだ よ. . .俺は . . .
[PR]
# by yokotamasato | 2005-10-28 00:07
ブログ始めました(冷し中華ふう)
とりあえず作ってみました . . .ブログとやらを . . .
ホームページを作っていたけど、生来の無精者のため管理ができず . . .
今回もその生来の無精者がちゃんと管理できるのかどうやら?!
[PR]
# by yokotamasato | 2005-10-26 00:36


by masatoyoqota
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
横田雅人とは . .
1967.5.23 横浜出身
生まれてすぐにピアノを始めさせられる。
中学くらいでバンドっぽいことを始めた。
父親の影響でOscar PetersonやBud Powellが好きなはずがヘビメタに目覚め、高校時代は勘違いハイトーンヴォ−カルとしてジャイアン以上の迷惑リサイタルを繰り返す。
とりあえず国立音大卒で音楽教諭免許1種を持っているが、な〜んの役にも立ってない。
以前の記事
検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧